■抜け毛に気づいたらAGAクリニックを受診しよう!

30代、40代で最も多くなる抜け毛・薄毛の症状。しかし、20代後半で早くもその抜け毛の症状が現れる場合があります。今回の記事ではその抜け毛の原因と抜け毛の症状が出てきたらどうするべきなのかについて触れていきます。

■抜け毛の原因の9割はAGA

まず、抜け毛の原因として考えられるものは頭皮環境の悪化・髪の毛の生成に必要な栄養が原因になっている場合が考えられます。

このような場合には頭皮環境を清潔な状態に改善するために育毛シャンプーを使用する、もしくは髪の毛に必要な栄養を補うために食生活を改善するなどの対策をすれば、効果が上がることになります。

また、このような頭皮環境の悪化などはストレスや生活習慣の乱れからきている場合もあります。そのような場合は規則正しい生活や運動などのストレス解消を行うことである程度抜け毛の症状を改善することが出来ます。

このような対策で抜け毛がおさまるのは男性の場合、抜け毛の症状に気づいた人の10パーセント程度でしかありません。

残りの90%はAGAという症状に起因して抜け毛が発生しており、このような人は頭皮環境の改善や栄養の供給といった対策だけでは抜け毛の症状を抑えることは不可能です。

■AGAのメカニズム

では、そもそもAGAはどのような原因で発生するのでしょうか。

AGAの原因となっているのは男性ホルモンの過剰な分泌です。男性ホルモンが過剰に分泌されることにより、その男性ホルモンが髪の毛をつくる細胞の働きを阻害し始めます。これが原因となって抜け毛が発生するというのがAGAのメカニズムになっています。

■AGAの対策はAGAクリニックで

つまり、AGAの原因は男性ホルモンの活発な働きであると言えます。そのため、男性ホルモンの働きを抑えてやれば、抜け毛の症状を抑えることが可能になります。

このような男性ホルモンの働きを抑える育毛剤として非常に効果が高いものにフィナステリドというものがあります。このフィナステリドはAGA対策の切り札といってもいいほど効果の高い育毛剤になります。

このフィナステリド無しに決定的なAGA対策は難しいと言えます。ただ、このフィナステリドは市販はされていません。フィナステリドがほしい場合にはAGAクリニックを受診する必要があります。

AGAの対策は若いうちから始めたほうが、髪の毛が生えてくるまでの時間も短くなります。一人で悩んでいたり、自己流の対策をするくらいであれば一度AGAクリニックに相談してみましょう。